DREAMONREAL
http://dreamonreal.blog99.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
忘れていませんか?債務超過解消を迫られたクラブライセンス制度導入の時のこと。
2016-11-23 Wed 14:24
昨今のシティフットボールグループが
なぜマリノス経営に参画したかの経緯を
まったく忘れてしまったような話に触れると、
???となってしまいます。

以下、東洋経済の記事を拝借しましたが、
ぜひとも読んでいただきたい。

クラブも、選手も生き物です。
だからこそ、健全な健康状態の
経営が必要です。

株主の日産とシティフットボールグループは
クラブがいつまでも安定した経営の中
ピッチで戦えるよう最善を尽くしているでしょう。
自分はひとつも疑いません!


年間10億円近い損失補填を失ったFマリノスは赤字体質が顕在化し、たちまち、巨額の債務超過に陥ってしまった。片やJリーグは、クラブの財務健全化を義務づけたクラブライセンス制度を導入、2015年1月期までに債務超過の解消を迫られていた。
「Fマリノスは持続可能な状態ではなかった」、と語る日産のカルロス・ゴーンCEO


日産にとって、2013年1月期には17億円弱にまで拡大したFマリノスの債務超過に対して、CFGからの出資金と合わせ、直接的な損失補填も実施し、2015年1月期での債務超過解消にメドをつけた。

Fマリノスから「NISSAN」ロゴが消える日
日産が英マンチェスターとスポンサー契約する意味

東洋経済 2014年07月29日

日産自動車がサッカーを使ったマーケティングの見直しを加速させている。傘下のJリーグクラブ、『横浜Fマリノス』(運営会社・横浜マリノス)への関与を減らしていくと同時に、海外サッカーへのスポンサードを強化しているの
だ。
日産は7月17日、イングランド・プレミアリーグ(1部に相当)のマンチェスター・シティ(MC)の持ち株会社、英シティフットボールグループ(CFG)の公式スポンサーになることを発表した。5年間の契約で、マンチェスター・シティのホーム「イテハド・スタジアム」での広告展開や移動用の公式車両の提供などのほか、CFG傘下チーム、MC女子、米ニューヨーク・シティ、豪メルボルン・シティのユニホームロゴ、サポーターとの交流イベントへの参加などを行う予定だ。
マンチェスター・シティといえば、歴史こそ長いものの、同じマンチェスターに本拠を置く世界的強豪、マンチェスター・ユナイテッドの引き立て役に甘んじるチームだった。しかし、2008年にアラブ首長国連邦(UAE)の王族の投資会社が買収したことで、状況は一変。巨額のオイルマネーで一気に戦力を高め、11-12年シーズンに44年ぶりにリーグを制覇、13-14年シーズンもプレミアを制するなど、強豪にのし上がった。コンサルティング会社のデロイトの調査によれば、12-13年シーズンのクラブ収入は3億1620万ユーロ(約442億円)で、世界第6位のビッグクラブにランクされている。
日産にとって、新興国を中心とする、世界マーケットの拡大が本業での成長の生命線だ。欧州だけでなく、新興国を含め世界的に高い人気を誇るプレミアリーグの強豪チームをスポンサードすることで、ブランドの浸透を狙えるというわけだ。
日産の持ち株比率は93%から74%へ
CFGへのスポンサードは、世界展開の加速と同時に、課題となっていたFマリノスの経営再建とも連動している。CFGへのスポンサード開始に先立ち、日産はCFGと、Fマリノスの運営に関して、資本・業務提携している。CFGはFマリノスへの第三者割当増資を引き受け、20%弱を出資する大株主となり、従来93%を出資していた日産は、持ち株比率を74%に低下させている。
日産サッカー部に源流をもつ国内名門のFマリノスだが、他のJリーグチームと同様に、設立以来、慢性的な赤字体質で、最終的に広告料を名目とした親会社による赤字補填で、帳尻を合わせてきた。だが、リーマンショックで日産本体が赤字転落したこともあり、2009年1月期から、日産はFマリノスに対する赤字補填を停止する。日本の自動車市場は構造的な縮小が避けられず、Jリーグチームの広告塔としての重要性も低下していくことも考えれば、合理的な判断だろう。
ただ、年間10億円近い損失補填を失ったFマリノスは赤字体質が顕在化し、たちまち、巨額の債務超過に陥ってしまった。片やJリーグは、クラブの財務健全化を義務づけたクラブライセンス制度を導入、2015年1月期までに債務超過の解消を迫られていた。
「Fマリノスは持続可能な状態ではなかった」、と語る日産のカルロス・ゴーンCEOが出した答えが、CFGからの出資受け入れだ
とはいえ、持続不可能なクラブにそのままカネを出す投資家はいない。そこで、日産はCFGへスポンサードすることで資金を提供、その一部がFマリノスへの出資に回る仕組みをつくった。日産にしてみれば、Fマリノスに直接資金を投じるだけでは、これまでと同じく“死に金“になってしまう。CFGを経由すれば、世界的な広告効果を狙えるうえに、CFGのノウハウをFマリノスに生かし、経営再建を図れる。死に金が“生きた金“になるわけだ。
日産にとって、2013年1月期には17億円弱にまで拡大したFマリノスの債務超過に対して、CFGからの出資金と合わせ、直接的な損失補填も実施し、2015年1月期での債務超過解消にメドをつけた。
一方、CFGサイドから見れば、Fマリノスを傘下に取り入れることで、日本のサッカー市場に大きな足がかりを得ることになる。CFGのフェラン・ソリアーノCEOは「日本のサッカー市場には成長機会がある。他のアジア諸国に比べ、リーグなどの制度がしっかり確立しているのもメリット」、とFマリノスとの提携理由を語る。スペインの名門FCバルセロナでクラブ運営の最高責任者を務めたこともあるソリアーノCEOは、かつて日本市場について、「日本は経済力があり、サッカー好きも多い。一方で、欧州リーグとJリーグではレベルの差が大きく、競合することもない」、と語るなど、かねがね欧州のクラブチームにとって、日本市場は魅力的との認識を示していた。
マンチェスターの選手がFマリノスに来る?
今後、FマリノスはCFGのもとで事業拡大を目指すことになるが、「すでに人材交流などが進んでいる」、とFマリノスの嘉悦朗社長は説明する。マリノスのフィジカルコーチがマンチェスター・シティで学んでいるほか、CFGから6人のチームがFマリノスに来て、チーム強化や事業展開について協議を開始しているという。
嘉悦社長は「トップチームの強化では、CFGの世界的スカウトネットワークに参加できることは大きなメリット。すでにFマリノス側の要望選手のスペックは伝えてあり、8月のスカウト会議にも参加する」という。またソリアーノCEOは「CFGの所属選手がFマリノスでプレーすることもありうる」と見通す。下部組織の強化についても、ジュニア・ユースやユースの選手が、マンチェスター・シティで学ぶ機会などが設けられることになる見通しだ。
事業面でもCFGの集客力に期待を掛ける。マンチェスター・シティのファンは、全世界に300万人ともいわれ、そのパワーはFマリノスの比ではない。CFGがFマリノスと提携したと発表しただけで、Fマリノスのウェブサイトのアクセスが跳ね上がったほど。こうした力を背景に、広告獲得面では「Fマリノス単独では関心を持ってもらえないようなグローバルなクライアントにもアクセスが可能になる」と嘉悦社長は力を込める。CFGのネットワークを活用し、国内だけに限られていたクライアントの間口拡大を図る考えだ。
またCFG傘下にある、マンチェスター、ニューヨーク、メルボルンとFマリノスで対抗戦を実施し、チーム強化とともにオフシーズンの興行収益を拡大することなども検討されている。
日産はクラブ運営への関与を薄める方向性を明確にしており、もくろみどおり、Fマリノスの事業拡大が進めば、投資を回収すべく、Fマリノスへの出資をさらに引き下げていくこともありそうだ。現在のJリーグの規約では、外国法人が過半数を出資することはできないものの、実質的にCFGがFマリノスの運営権を握る可能性もある。将来的には、Fマリノスのユニホームの胸から、「NISSAN」のロゴが消える日が来るかもしれない。
http://toyokeizai.net/articles/-/43809

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
「グローバルスタンダードと実力主義」 という、マリノスの航海。
2016-11-05 Sat 14:45
「強く、高収益」。

これは、現代の全ての企業経営での
グローバル・スタンダード。

「年功序列型から、実力主義へ」。

自分が企業に属し、半期ごとの経営からの
評価で(時に株主からも)、年収額が決まる現代社会。

;冷静に見ると何も奇異ではない、
昨日からのマリノスに関するマスコミからの情報。

「グローバルスタンダードと実力主義」
マリノスが向かう航路は、
悪しき日本経営スタイルからの脱却では?

時にドラスティックで、
血の通わない事象と直面することも起きる。

しかし、投資対収益、健全なバランスシートを
過去の経営が達成できなかったことによる累積負債は
近年、Jリーグから消滅する危機を生んだ。

その環境下、日産はシティ フットボール グループと
2014年7月17日、グローバルパートナーシップを
締結することで新たなマリノスの途を拓いた。

この年、自分はあるプロジェクトでマリノスタウンで
嘉悦前社長から今後のクラブ戦略をPPTを
見せて頂きながら、直接、お話をお聞きできた。
同席した某大手企業の役員も感服する見事な
客観的分析による内容だった。
ただ、その具現・実行は、おそらく2015と2016シーズン
を見る限り、混沌とし続けたクラブ経営環境・組織の整地化
に当たられ、2017シーズンが実行のターニングポイントの
年と位置づけているように感じている。

「CFGが日産と結ぶ初めてのグローバル
パートナーシップは、5年間の契約」。
つまり、2017年シーズンはくしくも、改革に絶妙な3年目。
http://マンチェスターシティ.jp/Home/News/Club%20news/2014/July/Nissan%20announcement

いよいよ、途だけで終わらせず、リアルな成果に変えるシーズン。
その果実はすべてのサポーター、ファン、株主、クラブ関係者、
スポンサー、選手・スタッフが願うもの。

“素晴らしいグローバルサッカーチームのネットワークの
一員になる特権を与えられた”マリノスが大きく変革を遂げ、
日本、アジア、世界へ、飛躍する姿に自分は心を移したい。

14年間シーズンシートで勇気と活力をもらう、愛するマリノス。
近年、SC年チケのホーム入口のCFGブースで流れる
シティのプレー映像に、毎回、足を止め、胸おどり、
マリノスの世界への航海を夢に描いている。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
グランパスホーム側での「マリノス劇勝観戦記」!!
2015-08-13 Thu 18:43
昨日は貴重な体験をしました。
仕事の関係で、グランパス側の
メインスタンド・カテ3の招待席からクライアントと
観戦しました。もちろん、周りは熱狂的グランパスサポ、
さらにスポンサーも当然グランパスに協賛しているため
熱烈なグランパスサポです。

mini_150813_18010001.jpg


その中で聞こえてきた、後ろの男女5人グループの
グランパスサポの声をいくつか。

試合前
「勝ててないマリノスに負けるなんて、ゆるされないわ~」

前半立ち上がり
「マリノス勝ててないの、わかるわ~。これは、いけるわ~」

齋藤選手の先制
「まじか~。ネットに突き刺さったわ~。すげえ。。。」

前半アデミウソン選手の2点目
「やばっ。この時間帯にないわ~。。。アデミウソン。。。」

後半開始の永井選手と川又選手投入
「よし!ガンバ戦パターン」(=2点ビハインドから逆転、3-2で勝った試合)

後半のグランパスの得点チャンスで
「いや~、運ないわ~。。。中澤、南アフリカ並みだわ~」

飯倉選手とファビォ選手が痛んだシーンで
「うわ~、これで俊輔、見れない。。せめて俊輔見たい」

そして、とどめの伊藤選手のゴール
「。。。。中京大中京。。。帰りごはん行ける??」

とロスタイムに多くのサポーターが席を立つ中、
うしろのグループも身支度をはじめ、終了と共に帰られました。

なかなか貴重な体験。苦笑

そして、マリノスアウェー側の力強いチャントしっかり聞こえていましたよ!
心の中で歌っていました!
そして、トリパラ、きれいでした!感動しました。

それにしても、マッチデープログラムの
西野監督のコメント、的確です。

mini_150813_1802.jpg


日曜、ホームで勝利を!

600839_FULL-PRT.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村










別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
チーム崩壊をホームでサポに食らわすクラブの無礼。観客減らし絶好調!清水戦
2015-07-30 Thu 00:26
いよいよ、ですね。

後半始めの清水の選手交代の意図、
自分にもわかりました。
エリク監督、コーチ、わかりましたか?笑
大前選手がなぜ2得点できたか、答え導けましたか?

中村選手の交代。
藤本選手の交代。
そして、素人でもできる、いつもの苦しまぎれ
FW3枚パワープレー。笑

嘉悦社長、経営大丈夫ですか?
今日の集客、14000人レベルですよ。
スタジアム内の飲食の売店は閑古鳥。
唐揚買ったら、深々とお礼を言われました。苦笑
スポンサーは、メインスタンドのVIP席やラウンジで
どんなコメントされてますか?
ホームですら、全く勝てないマリノスに
投資価値を感じていると思いますか?
社長、甘いですよ!

シティ、理想は素敵。
でも現状は、身の丈に合わず。

監督、コーチ、この中段期間に
さらば。もう、限界は越えました。

600839_FULL-PRT.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ぶざまな広島戦。まさに崩壊の危機!次の清水戦がターニングポイント。
2015-07-25 Sat 22:24
柏戦。ガンバ戦。広島戦。
想像以上に、きわめて厳しい状況になった。
これは、降格争いに引き込まれそうな勢いである。

どの試合も微妙な采配ミスが響き、試合を狂わせ、
それが致命傷となり、勝ち点を落としている。

そして、今日の広島戦も。
二列目の兵藤選手は明らかに厳しかった。
アデミウソン選手の攻撃のギアが入らず、
藤本選手との関係性も崩れてしまっていた。
齋藤選手が不在であれば、
なぜ最初から伊藤選手とアデミウソン選手の2トップ
にしなかったのだろうか?
広島の守備の布陣は鍛えられているとはいえ、
前からプレッシャーをかけないと、何も始まらない
(事実、始まらなかった。それはラフィーニャ選手が
入って証明された)。

とにかく、無策で、ぶざまな敗戦だった。
ある意味、崩壊に差し掛かっている。

若い世代への交代時期で、多くの若い選手が
著しく成長を遂げているわけでもない。
また、戦力的には能力・実績共に備わった選手が多数いる。
そして、今年はシーズン前に準備周到にキャンプをした。
さらに、シティグループとの連携も鮮明になった。

それなのに。。。

マリノスタウンを失うとともに、
J1のステージから脱落するのだろうか。

次のホーム清水戦は、
マリノスにとっての、今期最終章となる
2015年シーズンの最大の戦いになるだろう。
これに負けると、エリク監督の解任も現実を帯びるだろう。
600839_FULL-PRT.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村






別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 広告マン24時間365日・・芸能・広告の仕事と横浜F・マリノスの日々。 | NEXT
copyright © 2006 広告マン24時間365日・・芸能・広告の仕事と横浜F・マリノスの日々。 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。